「やったほうがいい事」と「やらなくてもいい事」

毎週月曜日はできるだけ予定を入れず、

家でダラダラ過ごすことを喜びとしています。

 

家事は最低限をサッと終わらせて

自分が食べたいものを食べて

やりたいことをやる。

 

結果、ダラダラと過ごす、ぐうたらです。

 

こんな時

「やったほうがいい事」と「やらなくてもいい事」をいかに明確にしておくかが大事だと思っています。

そのためには知識と経験が必要です。そして自分の覚悟が必要です。

 

*****

毎日の料理ストレスを

自分らしい生き方に変えるお手伝い

料理ライフアドバイザーのめぐみです。

 

*****

 

「やったほうがいい事」と「やらなくてもいい事」

 

例えば私が朝やっている家事だと

「やったほうがいい事」→洗濯、朝食の後片付け、夕食の献立を決める

「やらなくてもいい事」→掃除全般、整理整頓、手洗い洗濯、その他諸々

 

あくまで私の場合ですが、私はこう決めています。

「やったほうがいい事」は欲張らないほうがいいですね。

 

 

「やらなくてもいい事」をついついやってしまうこともあるのですが、

やらないように努めています。

なぜなら、ダラダラと過ごす時間がたくさん欲しいから。

自分のために時間を使いたいからです。

 

部屋が散らかっていようとも、桜島の灰で床がザラザラしようとも、自分の時間を優先しています。

自分の時間を作るという覚悟があります。

 

その結果、自分を癒すことになるんですよね♪

また一週間頑張ろうと思えるのですよね♪

 

 

 

 

 

料理も一緒だと思います。

料理したくないなと思った時、時間がない時、手抜きしたい時ありますよね。

「やったほうがいい事」と「やらなくてもいい事」を明確にして覚悟することが大事だなと思います。

 

例えば私の料理だと

「やったほうがいい事」→家族のお腹が満たされること、私が楽しく食べられること

「やらなくてもいい事」→彩りのいい食事、家族からの高評価、食事バランス、その他諸々

 

家事と同様、「やったほうがいい事」を欲張らないほうがいいですね。

「やらなくてもいい事」はできたらやりたいですけど、

料理したくないなと思った時、時間がない時、手抜きしたい時は目をつぶります。

自分が気持ちよくいられることを優先しています。

 

 

 

 

家事や料理に限らず何でもそうだと思います。

 

本当に大切にしたいものは何なのか?

やったほうがいい事は何なのか?

やらなくてもいい事は何なのか?

明確にして覚悟することが大事だと思います。