季節の変わり目は食の変わり目

気付けばあっという間に11月ですね。

鹿児島もさすがに朝は肌寒くなりました。

 

いわゆる季節の変わり目という時期ですね。

この時期は風邪を引きやすかったり、体調に変化が現れたりします。

 

体が季節に順応しようと頑張っているんです。

ですから自分の体を食でもサポートしたいところです。

 

季節の変わり目は食の変わり目ですよ。

食も変化させていきましょう。

 

 

 

 

肌寒くなってくると、温かい鍋料理やドロッとしたシチュー、煮込み料理が食べたくなりませんか?

 

 

少し前を振り返りますと、

暑い時期はあっさりとした麺類や酢の物、生野菜サラダを好んで食べていたはずです。

 

暑い夏は自然と体を冷やす生野菜などの食べ物が欲しくなります。

胃腸の働きが弱まるので、あっさりしていて消化に良いものが食べたくなります。

 

 

 

では冬はどうでしょう?

 

体が温まるものが食べたくなります。

単純に温かいもの、鍋や温度が冷めにくいドロッとしたものや

長く煮込んで温かいエネルギーを込めたものを欲します。

 

これはきっと体が自然と感じてくれるのもなので、

「私は今日は何が食べたいんだろう?」って直感でいいと思います。

 

もっと言うと、

自然はちゃんと季節に対応しています。

 

夏野菜は生で食べられて体を冷やすものがほとんどです。

トマト・なす・きゅうり・おくらなど。

 

冬野菜は煮込んで食べる体を温めるものがほとんどです。

大根・ごぼう・れんこん・いも類など。

 

 

 

一年中同じような野菜が並んでいますが、旬を意識するだけで体も整いますよ。

季節の変わり目は食の変わり目なのです。