意外な?料理ストレスの正体とは

昨日は地域の女性学級で話をさせていただきました。

「料理ストレスを減らそう♪」というタイトルで、10人ほどの前で話をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はずっとマンツーマンレッスンだったのと、コロナのこともあり、

たくさんの人の前で話をするのが久しぶりでした。

 

日頃の料理ストレスを吐き出してもらい、

少しずつ気持ちを整理していきました。

 

講座が終わるころには、

「気持ちがスッキリしました」

「みんな同じような悩みを持っているとわかり安心しました」

「料理に対する考えが変わりました」

「料理のやる気が出ました」

という言葉が聞かれました。

 

最初は少し緊張気味だった参加者の方が

帰るころには顔がぱぁっと明るくなった様子を見て、私も嬉しくなりました。

 

 

 

 

講座が始まって、

最初に料理の「好きなところ」や「嫌いなところ」を発表してもらいました。

 

「私は料理が嫌いです!」とはっきり言う方よりも

「結構料理が好きなはずなんですけど、毎日やるとなると疲れます」というタイプの方が多かったです。

 

その気持ちよーくわかります。

好きなことでも、毎日となると義務化してしまうのですよね。

 

 

仕事や家事、子育てをする中で料理は結構なエネルギーを使います。

献立を考える。

材料を揃える。

材料がなければ買いに行く。

手順を考える。

盛り付けを考える。

食べる。

片付ける。

次の料理の準備をする。

 

 

料理というと、食材を切ったり加熱したりすることを想像しますが、

実際には色々なことを考えながら料理しています。

 

一日中、「今日の夕食は何にしようかな」と考えている人もいるくらいです。

しかも、毎日の事!

 

それは疲れますよね。

料理ストレスを抱えてしまうのもわかります。

 

 

 

 

でも、ほんの少し料理の見方を変えるだけで、気持ちが楽になりますよ。

今まで、ただただ、こなすだけの料理が変わります。

 

これは、料理の作り方やレシピをお伝えしたからではないのです。

私はただ、料理ストレスの正体をお見せしただけです。

 

みなさん、料理ストレスの正体を前にして

「!!!」という衝撃です。

この衝撃が料理を楽にしてくれるんですよ。

 

 

 

 

 

参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

 

実はこの講座、私がずっと温めてきた講座で、今回初めて開催しました。

みなさんの様子を見て、「この講座またやろう!」と私は思いました。

 

近いうちにまた開催したいと思います。

日程や場所が決まったらお知らせしますね。