あなたにとって「普通」とは?

我が家はごはんを食べるときにラジオを聞いています。

先日ラジオで「普通の定義」という話をしていまして、

すごく共感したので書いてみます。

 

 

*****

 

 

 

家族のために頑張りすぎる料理から

 

家族も私も幸せになれる料理へ

 

 

料理ライフアドバイザーのめぐみです。

 

★メルマガでは、もっとコアな情報をいち早くお届けしています。

メールマガジンの登録はこちらから。

https://www.agentmail.jp/form/ht/25642/2/

 

*****

 

 

料理教室でも、例えばみそ汁を作る時に、

「普通はみんなどんな風にダシを取るんですか?」

「普通はどんな具材をいれるのですか?」

「普通は麦みそですか?」

 

という感じで、「普通」を知りたがります。

 

こういう私も、説明するときに「普通は○○ですよね」「普通はこうします」なんて

よく言ってしまいます。

 

 

 

 

「普通」というのは「大多数」「こうしている人が多い」という数で判断されることが

多いようです。

 

でも、これからの時代は普通の定義は「数」で判断できない、という話をラジオでしていました。

 

普通とは?

 

 

人と人が違うということが普通である

 

、、、この一言に妙に納得してしまいました。

 

 

 

例えば、さっきのみそ汁ですと、

「普通はみんなどんな風にダシを取るんですか?」

→どんなダシを取る人が多いのか?

 

「普通はどんな具材をいれるのですか?」

→どんな具材を入れる人が多いのか?

 

「普通は麦みそですか?」

→麦みそを使う人が多いのか?

 

という風に「大多数」の人がやっていることが「普通」だと判断しがちだと思うのです。

私もそんな風に考えていました。

 

 

でも、別に「大多数」の人がやっていることが正しいわけでもないですよね。

みんなそれぞれにやり方があって、

みんなそれぞれに心地いい方法があって、

みんなそれぞれに好みがあって、

みんな違うことが当たり前です。

 

みんな違うということが普通

という考え方を聞いて、

なんだかスッとしました。

 

料理もそうです。

「普通」は夕食で何品作るとか、

「普通」はどのくらいの味付けだとか、

「普通」は子供に何を食べさせるとか、

 

みんなそれぞれだから、

違うということが普通ですよね。

 

だから、

人と比べたり、みんなの意見に左右される必要はないと思います。

違って当たり前ですね。