「マンネリ化」は悪なのか?

料理教室で献立について話をしていると、

よく出て来るワードが「マンネリ化」です。

 

辞書によると

マンネリ化とは「画一的になり目新しさや独自性を失うこと」とありました。

 

料理では

毎日の献立が似たものばかりになり、新しいメニューがなく、飽きてしまう

ということですね。

 

でも、毎日の献立が似たものばかりで新しいメニューがないのは

本当に飽きるのでしょうか?

 

「マンネリ化」は悪なのでしょうか?

 

私はそうは思いません。

マンネリ化=定番

と捉えたら、なんか良くないですか?

 

 

 

 

*****

 

 

 

家族のために頑張りすぎる料理から

 

家族も私も幸せになれる料理へ

 

 

料理ライフアドバイザーのめぐみです。

 

★募集中です。

 

「ココロから自分軸の料理スタイルを作る3ヶ月コース」

詳細はこちらです。

 

 

 

★メルマガでは、もっとコアな情報をいち早くお届けしています。

メールマガジンの登録はこちらから。

https://www.agentmail.jp/form/ht/25642/2/

 

 

 

 

 

*****

 

マンネリ化というと確かにマイナスなイメージがあります。

でも、

定番というとプラスなイメージではありませんか?

 

ちなみに定番とは、辞書によると

流行に左右されない基本的な商品。どこにでもある、誰もがするような事柄のことです。

 

 

どちらも同じようなものが続いているということは変わらないのに

表現の仕方が違いますね。

 

 

毎日の献立がマンネリ化していると感じたら

「これが我が家の定番!」と表現を変えると

気持ちが変わると思いますよ。

 

 

 

 

私は以前まで

様々な調理法で、

様々な味付けで、

様々な食品を、

様々な盛り付けで、

毎日料理することが素晴らしいことだと思っていました。

それが家族のためだと思っていました。

 

それは決して悪いことではないです。

本来なら良いことです。

 

 

 

 

でも、色々なことに気を配ることで、

大切なことを忘れてしまっていたことに気づきました。

 

家族のためと思って頑張っていましたが

この家族の中に自分がいなかったのです。

 

それに気づいてから

考え方を変えました。

 

 

あれこれ気を配らなくても

同じような献立が続いても

目新しさなんてなくても

いい!

 

それでも私が大事にしたいものは守られています。

 

 

マンネリ化は悪くないですよ。

我が家の定番なのですよ。

 

そう自信をもって思えるようになったら

料理は今より楽になりますよ。