家族の要望を無視する勇気

毎日の夕食の献立を考える時、

頭の中でどんなことを考えていますか?

 

「冷蔵庫に何が残っていたかな?」

「昨日の夕食は何だったかな?似たようなものは作らない方がいいかな」

「今日は暑いから皆さっぱりしたものが食べたいだろうな」

「子どもは何が食べたいかな?」

「夫は何を作ったら喜ぶかな」

 

きっと一つではなく色々なことを考えて

献立を決めていると思います。

 

でも、あんまり色々なことを考えていると

なかなか献立が決まらないですよね、、、。

 

いっその事、

家族の要望は無視してみませんか?

 

 

*****

 

 

 

家族のために頑張りすぎる料理から

 

家族も私も幸せになれる料理へ

 

 

料理ライフアドバイザーのめぐみです。

 

★募集中です。

 

「ココロから自分軸の料理スタイルを作る3ヶ月コース」

詳細はこちらです。

 

 

 

★メルマガでは、もっとコアな情報をいち早くお届けしています。

メールマガジンの登録はこちらから。

https://www.agentmail.jp/form/ht/25642/2/

 

 

 

 

*****

 

 

 

 

料理教室でカウンセリングをしていて、

同じような悩みを持つ方が多いので紹介します。

 

 

カウンセリングの中で「献立を決める時に何を考えていますか?」という質問をよくします。

例えば今日の夕食の献立を考えるとして、

献立が決まるまでにどんなことを考えているか具体的に話してもらいます。

 

そうするとかなりの確率で出てくるのが

「今日は家族が何を食べたいと思っているかな?と考える」

という答えです。

 

毎日の献立を決める時に

頭にあるのは家族の事で、いかに家族に喜んでもらえるかということをよく考えているのですね。

 

 

 

 

以前の私もそうでした。

「昨日子どもがオムレツを食べたいと言っていたから今日は作ろう。」

「夫がたまにはトンカツ食べたいと言っていたから明日作ろう。」

「ビールに合うつまみが欲しいといっていたから、一品増やそう。」

 

家族から要望があれば、多少忙しくてもそれに応えるようにして

家に材料がなければその都度買い足していました。

 

自分が作りたいもの、食べたいものがあっても

家族の要望を優先していました。

 

頑張って家族の要望に応えると必ず喜んでくれますからね。

家族に喜んでもらえると自分も嬉しいですしね。

 

 

でも、喜んでもらうことばっかり考えていると

喜んでもらえなかった日がとても辛く感じるようになりました。

大げさかもしれませんが、自分の料理が否定されたような気持になりました。

それは私の勝手な思い込みなのですけど。

 

結局、毎日何を作ったらいいのかわからなくなって、

献立を考えることが億劫になりました。

 

 

 

 

それから、私は思い切って家族の要望を無視することにしました。

純粋に、自分が食べたいものや作るのが簡単なものなどを優先するようにしました。

 

最初は少し罪悪感を感じましたが、思ったほど支障はなかったです。

むしろ、献立が決まりやすくなり楽になりました。

 

、、、と言っても、時々は家族の要望を聞いてリクエストに応えるようにしています。

でも、かなり家族の要望は無視するようになりました。

 

 

家族の要望を取り入れることは悪いことではありません。

でも、もし、家族の要望を考えすぎて毎日の献立に迷っていると感じたら

勇気をもって家族の要望を無視してみてください。

 

家族の要望を無視することが、悪いことではなく、

あなたにとって楽になることが多いということに気づくと思いますよ。